少年期の終わりに―番外編考

じいさんになるくらいまで幸せになれない 岩泉は「お前は多分じいさんになるくらいまで幸せになれない」と言った。 及川はそれを「呪い」と表現したが、私は岩泉がそれを言おうと言うまいと、結局及川は岩泉が言った通りの人生を歩むのではないかと思う。 「幸せになれない」とは、その後の台詞も考慮すれば、バレーに関し…