及川徹と岩泉一に関する一考察

漫画『ハイキュー!!』の登場人物である青葉城西高校の及川徹と岩泉一に関して考えたことや思ったことをまとめておくブログです。

はじめに

このブログは考察と銘打っていますが、はじめに考察の定義について考えさせてください。

ぐぐってみると考察とは「物事を明らかにするためよく考え調べること」とあります。物事を明らかにするとはどういう意味かというと、色々あると思います。正しさを証明することかもしれません。間違いを指摘することかもしれません。目的によって色々あると思います。

私がこれらの考察をした目的はとても単純です。
「私は『ハイキュー!!』を読んでこう感じたんだけれど、それはなんでだろう?」
これだけです。
自分が受け取った感覚をどうにか明らかにしたくて言葉にしたくて始めたものです。

つまり、結論はあくまで私の感じ方です。その結論ありきで、自分がそう感じた理由を探って論理っぽく組み立てているだけです。他に良い言葉がなくて考察としていますが、考察擬きだと思います。

決して『ハイキュー!!』の正しい読み方、解釈ではありません。

岩ちゃんは結構クローズアップされたのに、なんでモブキャラっぽさが抜けないんだろう?

岩ちゃんがIHで及川さんの天才コンプに最後まで突っかかり続けたのはなんだったろう?

及川さんはどういう気持ちで負けるのかもしれないねって言ったんだろう?

ドンピシャのトスはふたりに何を残しただろう?

私が読みながら不思議に思って考え続けていたことをまとめておこうと思ったのがこのブログです。
これはあくまで私の阿吽像です。見てくださった方と重なるところもあるかもしれません。相容れないところもあるかもしれません。
でもこいつはこう読んだのか、と思って読んでいただければ幸いです。

なお、このブログに載せる阿吽考察については、2015年11月30日にpixivにて初稿公開(現在は非公開)、2016年1月24日初版の拙同人誌「阿吽考察」に掲載していたものに微修正を加えたものであることを申し添えます。

記事案内

阿吽考察

17巻146話で描かれた及川と岩泉によるドンピシャのトスを焦点にして、『ハイキュー!!』の中で描かれてきた及川像、岩泉像を自分なりにまとめてみたものです。

  • ドンピシャのトスは及川の中で何が起こったのか
  • なぜ岩泉はそのトスを決めきれなかったのか
  • そのトスが2人にもたらしたものは何だったのか

大体こんなことを考えてます。
全部で7記事ありますが、繋がっているので序文から順に読んでいただいた方がわかりやすいと思います。

本誌感想

145話除く132話~147話まで+αで青城vs伊達工を本誌リアルタイムで読んでいた時の感想です。春高予選に決着がついた今の時点で読んでもそれなりに読めるように内容の削除やテンションの修正はしていますが、概ね生の感想です。
148話については阿吽考察で大体言い尽くしているので敢えて掲載しませんでした。

その他

その他いくつかのテーマに沿ってまとめたものです。ここは多少増減があるかもしれません。

チームと個―60話再考

60話の岩泉の台詞「天才一年」が本誌掲載、単行本収録及びアニメ放映時に物議を醸した話については、「北川第一時代の及川・岩泉・影山について―60話考」でも触れて、及川が競技をする人間である以上、相手に影山が含まれるのは当然の事であり、岩泉には影山を排除する意図はなかったと述べてきた。
しかしこれを書いたのもアニメで60話にあたる話が放映された頃であり、今ならもっと私が感じたことを直截に言えるのではないかと最近になって思い立ち、再考することにした次第である。

以前は競技か部活かという視点を主軸に語ってきた。
その上で今回付け足したいのはチームと個という視点である。

続きを読む

ドンピシャトスが決まらなかったのは―阿吽考察再考

私は『阿吽考察』「完成したトス、決まらなかったスパイク」の中で、岩泉がスパイクを決めきれなかった理由として、展開上の都合を挙げた。
烏野がリベンジを果たす以上、あのタイミングで青城が会心の1点を挙げて、流れを青城に傾けてはいけないという理由だ。
今も理由のひとつにそれがあるのではないかとは思っているが、実を言えばこの表現はある意味展開の犠牲とも言ってしまえるような気がして抵抗があった。
私はあの場面を展開の犠牲とは思っていなかったし、思いたくもなかった。

一方でもうひとつ、この考察を書く前からぼんやりと考えていた岩泉が決められなかった理由があった。
しかしかなりの願望が入り交じっているので、表には出さなかったのだが、やはり展開の犠牲と呼ばれかねない理由のみを公開しておくことに不服を感じるようになったので、ここに残しておこうと思う。

続きを読む

少年期の終わりに―番外編考

じいさんになるくらいまで幸せになれない

 岩泉は「お前は多分じいさんになるくらいまで幸せになれない」と言った。
 及川はそれを「呪い」と表現したが、私は岩泉がそれを言おうと言うまいと、結局及川は岩泉が言った通りの人生を歩むのではないかと思う。

続きを読む